Question

楽天銀行で貯蓄をしたいのですが、楽天カードやその他カードの引き落としを楽天口座にしているので貯蓄しづらいと思っています。でもマネーブリッジを連携をしていて金利が高いということで楽天口座で貯蓄できたらなぁと思っています。何か良い方法はありますでしょうか?

年齢:30代
職業:パート・アルバイト
世帯年収:400万円未満
ペンネーム:きなり

 

Answer

支出することでの特典、貯蓄することでの特典、両方とあるため、判断に迷うかもしれませんね。各特典を金額に換算して検討してみると良いかもしれません。

 

「支出時に得られる特典」は、楽天銀行と楽天カードを紐付けることで、楽天市場での買い物のポイントが1倍加算することが挙げられます。仮に、楽天市場での買い物が1カ月1万円だとすると、月100円、年間1200円相当が上乗せされている計算になります。

 

楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にしていなくても、楽天市場で楽天カードを使ってお買い物をした場合の2倍加算は残ります。楽天カードの引き落とし口座を楽天銀行にすることで得られる、楽天銀行の普通預金金利2倍の特典も、マネーブリッジを行うことでそちらが適用されるため、差が出なそうです。

 

一方、「貯蓄することでの特典」である、楽天銀行をマネーブリッジを利用して、普通預金金利0.1%とし、貯蓄用口座として活用した場合のメリットを考えてみましょう。税引き後の適用金利は0.079%なので、100万円を1年間預けると、手取りで790円の利息がつく計算になります。
そう考えると、支出をすることで得られる特典である年間1200円相当の方が、高いようにみえます。

 

きなりさんの実際の支出額と貯蓄額で計算をしてみて、どちらの方が年間金額でメリットが出るか、検討してみても良さそうです。
もし、支出によるメリットが上回るようであれば、楽天銀行はあえて支出用で使うという選択肢もありそうです。普通預金金利で金利0.2%をつける銀行もある(「普通預金 金利0.2%」などで検索するとヒットします)ため、そうした銀行を貯蓄用として使っても良いかもしれません。
逆に情報を整理して、貯蓄用のメリットの方が大きければ、楽天銀行以外の別の銀行口座を支出専用として開設し、楽天カードなどの引き落とし口座もそちらに変更して、楽天銀行を貯蓄用口座として利用するのが良いのではないでしょうか。

 

少し手間がかかりますが、きなりさんがご検討されている通り、支出用と貯蓄用の口座は分けた方が家計管理はしやすくなるので、もうひと頑張り、ご自身の数字で情報を整理してみてください。

回答者:ファイナンシャルプランナー 風呂内 亜矢さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯蓄80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか(祥伝社)』、『ほったらかしでもなぜか貯まる!(主婦の友社)#なぜたま!』などがある。

>>ホームページ

       

>>日常の記録にお金の情報を織り交ぜる「FUROUCHI vlog」を更新中

LINE友だち追加

関連記事