マネー

美人のマネ活 Woman and Money

あなたのお悩みにアドバイス マネ活Q&A

Question

両親の保険見直し

保険

2017/1/31

こんにちは。両親の保険契約内容について質問です。 
 
私の両親は二人とも80歳間近と高齢です。
今のところ特に介護等の必要はないのですが、今後そういった必要が出てくる可能性も考えると、今のうちに両親の収入・支出状況についてもある程度把握しておいた方が良いように思っております。
(現状は全く知りません)

勝手な想像で、保険は無駄に高い内容で契約しているのではないかと思っているのですが、このタイミングからの保険契約内容見直しを行うのは意味がありますでしょうか?
逆に行わない方がいい、などありましたら、アドバイスいただけると助かります。

※相談者プロフィール
年齢:40代
未既婚:既婚
子ども:あり
住居:賃貸マンション
職業:会社員
世帯年収:800万円~1,000万円未満
借入有無:あり

Answer

風呂内 亜矢さん

フィナンシャルプランナー
風呂内 亜矢さん

家計改善を考える場合、まず見直した方が良いと言われるのが保険です。親御さんが不必要に高額の保険をかけていたら、と気にされるのもごもっともですね。

保険は「保障」と「貯蓄」のどちらを期待して加入した商品なのかで、向き合い方が変わります。

病気をした時や死亡時に備える商品であれば、「保障」を期待した商品といえるでしょう。貯金は三角、保険は四角(貯蓄残高は時間が経つと増えていくが、保険は加入したタイミングで保障額が確保される)といわれます。貯金がまだ足りていない部分についてだけ保険で補うという考え方であれば無駄な保険料を払いにくくなります。
ご両親が加入している保険が「保障」を目的とした物である場合、想定している保障事由(病気、死亡等)が現在の貯蓄で既に対応可能であれば、解約や減額をして良いでしょう。

一方、古い保険商品の場合、支払った保険料に比べて満期解約返戻金が多くなる商品もあります。また、保険で資産を相続させた場合、法定相続人1人あたり500万円が非課税になる仕組みがあります。

こうした目的をもって加入している場合は「貯蓄」や、相続対策としての加入となるため、解約しない方が有利なことも多いです。貯蓄性の高い保険も満期を迎える前に解約すると受け取ることができる金額が減ることがあるためです。

まずは親御さんが加入されている保険の内容と目的をヒアリングして、検討するのがよいですね。

ファイナンシャルプランナーの資格を認定している、日本FP協会は電話や面談などの無料相談窓口を設けています。
また、10~11月にかけては、全国各地でFPフォーラムというイベントを実施します。FPフォーラムの中にも、無料相談を受け付ける会場があるため、そうした機会に情報収集されるのもお薦めです。

回答者:フィナンシャルプランナー 風呂内 亜矢さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯金80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです—お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか—(祥伝社)』、『デキる女は「抜け目」ない(あさ出版)』などがある。

>>ホームページ

風呂内 亜矢さん

Q&Aの一覧をもっと見る>>

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • あなたのお悩みにアドバイス!マネ活Q&A

    お金の専門家(ファイナンシャルプランナー)があなたのお悩みにお答えします。

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

セミナー情報

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報