美人のマネ活 Woman and Money

あなたのお悩みにアドバイス マネ活Q&A

Question

医療保険の種類

保険

2017/7/20

   

30代になったので、そろそろ万が一に備えて何かしらの医療保険に加入したいと思っています。友人に相談したところ、掛け捨てで女性特有の疾病があるものが良いと聞いたのですが、保険料の相場などどれくらいのものを選べば良いのでしょうか?

※相談者プロフィール
年齢:30代
未既婚:既婚
子ども:あり
住居:持ち戸建(自己)
職業:会社員
世帯年収:800万円~1,000万円未満
借入有無:あり
ペンネーム:ナタデココ

Answer

風呂内 亜矢さん

フィナンシャルプランナー
風呂内 亜矢さん

医療保険を検討する場合、社会保障で既にカバーされている内容を確認するのがお勧めです。健康保険に加入していることで、高額療養費制度が利用でき、ナタデココさんの年収の場合、1ヶ月の医療費の自己負担額は約9万円が上限となります。

詳しい計算式は「80,100円+(医療費-267,000)×1%」となります。普段、医療費は3割の自己負担となっていますが、3割で80,100円となる金額(267,000円)を超える医療費については負担が1%になるということですね。

高額療養費制度の上限額は月・医療機関毎に集計するため、月をまたいだり複数の病院で治療を受ける場合は、それぞれ約9万円の支出が発生する可能性があります。
また、公的医療保険の対象ではない治療や差額ベッド代などは、高額療養費の対象にはなりません。
例えば月をまたいだ(ふた月)治療となり、保険適用外の出費が5万円程度発生したとすると、約23万円(約9万円×2+5万円)の費用負担が考えられます。この金額を貯蓄の中でまかなえる場合、必ずしも医療保険が必要ではないという判断もあります。

女性特有の病気については、女性特有の病気だからといって、必ずしも通常の病気よりも医療費がかかるとは限らない点に注意が必要です。通常の医療保険の入院給付、手術給付でまかない、足りない部分は貯金で補填できるのであれば、女性特約の料金を追加で支払う必要性は低くなります。

30歳女性で医療保険を検討する場合、一生保険が続く終身保険で先進医療特約をつけるとして、支払いがずっと続く(終身払い)プランで2000円未満、払いは60歳で終わる(60歳払済)プランで4000円未満くらいを目安にすると、かけ過ぎにはなりにくいでしょう。
定期保険(掛け捨て)を利用するとさらにコストを下げることができますが、将来更新する際、保険料があがります。定期保険を利用する場合は、今は安く保障を手に入れ、貯蓄ができたら保険を解約・減額することを併せて検討すると無駄がないですね。

基本的に保険は貯蓄では足りない部分をまかなうための商品です。社会保障や貯蓄で足りないところは何かを考えて選ぶとかけすぎにならず安心です。

回答者:フィナンシャルプランナー 風呂内 亜矢さん

1級ファイナンシャル・プランニング技能士、CFP認定者、宅地建物取引士。26歳のとき、貯金80万円でマンションを衝動買いしたことをきっかけに、お金の勉強を始める。現在は自宅を含め夫婦で4つの物件を保有し賃料収入を得ている。2013年ファイナンシャルプランナーとして独立。現在はテレビ、ラジオ、雑誌、新聞などで「お金に関する情報」を精力的に発信している。 著書に『その節約はキケンです—お金が貯まる人はなぜ家計簿をつけないのか—(祥伝社)』、『デキる女は「抜け目」ない(あさ出版)』などがある。

>>ホームページ

風呂内 亜矢さん

Q&Aの一覧をもっと見る>>

こちらも要チェック

カテゴリー

Topics / コラム

おすすめコンテンツ

  • 確定拠出年金についてわかりやすく解説!

    確定拠出年金についてわかりやすく解説!

キホンの記事

時事 まとめ

話題のキーワード

グループからのお知らせ

  • 楽天レシピ
  • 楽天ウェディング
  • 楽天Edy
  • 楽天マート
  • ママ割

美人へのお知らせ

  • 暮らしに役立つ「マネー」情報